また先送りの“TPP合意” 日米の対立が大きな障害(2014/02/25 17:30)

 4日間の議論で政治的な決着を目指したものの、合意はまた先送りとなりました。

 (経済部・新谷時子記者報告)
 25日午後に開かれた共同会見では、いつ頃までに妥結を目指すのか、目標は示されないままに終わりました。
 甘利TPP担当大臣:「日米が妥結することが重要である。我々は誠心誠意、合意に向けて努力する」
 アメリカ・フロマン通商代表:「閣僚会合に関しては、今のところ予定はない」
 共同声明は、「更なる躍進を遂げた」と成果を強調しました。ただ、農産品の関税を巡る日米の対立が全体の障害になっていて、その構図は12月の会合から変化はありません。日米だけではなく、各国とも関税分野などで課題を抱えるなか、全体が妥協して決着を目指すという熱気は全く感じられませんでした。ゴールも明確に示されず、日本の関係者からは「妥結は夏以降にずれ込むのではないか」という見方すら出始めています。「漂流」せずにまとめられるのか、TPP=環太平洋経済連携協定の交渉は今、立て直しを迫られています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集