50年以上の歴史「イソジン」 明治からシオノギへ(2015/12/09 16:40)

 うがい薬「イソジン」の販売が明治からシオノギ製薬に変わります。

 イソジンは1961年以来、明治グループがうがい薬などのシリーズを販売してきました。今回、イソジンの殺菌成分を開発した製薬会社からの要請で、明治はイソジンの名称を手放すことになり、今後は「明治うがい薬」などの名前で販売します。親しまれてきたカバのキャラクターは、そのまま継続します。イソジンの名が付く製品は来年3月末以降、シオノギ製薬が販売します。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集