「おしっこ」から「がん」見つけ出す研究成果を発表(2016/06/14 11:53)

 人の尿から乳がんや大腸がんを見つけ出す研究成果が発表されました。その鍵となるのが老廃物です。体に悪影響を与えるとされる老廃物は、血液の中を巡って尿と一緒に排出されます。その尿に含まれる成分の違いでがんの種類まで判別することができるということです。

 日立製作所研究開発グループ・坂入実氏:「がんを早期に発見し、治療を得られるようなシステムを確立し、それによって受診率を向上し、(がんの)早期発見につなげる」
 この研究成果を発表したのは日立製作所と住友商事のグループです。尿に含まれる糖や脂質などの老廃物を解析することで、乳がんや大腸がんの患者と健康な人の尿の違いを判別することが可能になったということです。がんは早期発見が重要ですが、検診の受診率は3割から5割にとどまっています。このため、乳がんや大腸がん以外の研究も進め、健康診断だけでなく、自分で尿を採取して医療機関に送るだけで簡単に検査ができる技術の早期実用化を目指すとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集