トランプ効果で企業の景況感が4カ月連続で改善(2017/01/11 15:16)

 トランプ効果で企業の景況感が大きく改善しています。

 帝国データバンクが毎月、発表している企業の景況感調査によりますと、去年12月はDI(景気動向指数)が45.4となり、4カ月連続で改善しました。自動車生産が引き続き好調だったことやトランプ相場で円安・株高が進んだことを背景に景気の上向き傾向が続いています。景況感の改善は全体的に広がっていて、12月は2002年の調査開始以来、初めてすべての規模、すべての業界で景気が改善しています。今後については、トランプ氏の政策やアメリカの利上げ、原油価格の動向に注意が必要としながらも、賃金上昇などを背景に緩やかな回復が続くとみられています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集