東芝問題 トランプ政権の2閣僚「米にも重要」(2017/03/17 11:53)

 東芝の経営問題について、トランプ政権の2人の主要閣僚が「アメリカにとっても非常に重要だ」との認識を訪米中の世耕経済産業大臣に対して示しました。

 2人の閣僚からの東芝問題への発言を受け、世耕大臣は日米間の情報共有を進める考えを示しました。
 世耕経済産業大臣:「先方(米国側)から言及があった。米国で原発を建設しているウェスチングハウスの親会社である東芝の財政的安定性は、米国にとって非常に重要であると」
 世耕大臣は、ロス商務長官とペリーエネルギー長官と相次いで会談しました。2人はそれぞれ口火を切って東芝の経営問題を取り上げ、「アメリカにとっても非常に重要だ」と発言したということです。東芝はアメリカの原発事業で7000億円を超える損失を抱え、さらなる損失を防ぐために子会社にアメリカの破産法の適用を申請することも検討しています。アメリカ側から言及があったことで、日本政府は今後、東芝の問題に関与を強めていく可能性があります。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集