“食品”お助けロボが勢ぞろい 人手不足解消に一役(2017/06/14 11:56)

 食品関係の工業製品が集まったアジア最大級の展示会で、人手不足の解消に一役買いそうなロボットが勢ぞろいしました。

 あらゆる食品の運搬用に開発されたのはつかむのではなく、竜巻の原理を応用して吸引するロボットです。コロッケやかき揚げなど崩れやすい食品に加え、砂糖やごまなど小さな粒も運べます。また、ジャガイモの芽を高速で取る機械はカラー映像で芽の深さを認識し、1分間に約8個の速さで芽を取ることができます。さらに、廃棄作業を省力化するため、弁当などに付く調味料の小袋を自動で破いて分別する機械も披露されました。メーカー各社は人手不足をチャンスとみて技術力を競い合っています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集