サイバー攻撃で丸1日生産停止 ホンダ狭山工場(2017/06/21 11:24)

 埼玉県狭山市のホンダ狭山工場が19日、サイバー攻撃によって丸1日、生産を停止していたことが分かりました。

 サイバー攻撃は世界中で感染が拡大しているランサムウェアの一種によるものとみられ、18日夕方に狭山工場内のシステムがウイルスに感染したということです。確認・復旧作業のため、19日は丸1日、工場の生産ラインを停止して20日朝に再開しました。狭山工場はオデッセイやステップワゴンなどを一日に約1000台、生産する能力がありますが、ホンダ広報はシステムはすでに復旧していて、影響はないとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集