車より自転車 高齢者に“電動アシスト”人気(2017/10/30 17:11)

 今、「電動アシスト自転車を買いたい」という高齢者の需要が高まっている。背景にはその乗りやすさとともに、最近、取り沙汰される高齢者が運転する自動車の事故もありそうだ。

 大人が思わず童心に帰ってしまっているのは、家電量販店の地下駐車場を利用した自転車専門のフロア。傾斜10度の坂道やつづら折りのカーブなど約200メートルの試乗コースも完備されている。坂道をものともせず進むのは、子育て中の家族などに人気の電動アシスト自転車。29日も台風が接近していたにもかかわらず、多くの人が試乗に訪れた。1990年代に登場した電動アシスト自転車。その楽さからすっかり暮らしに定着し、去年の出荷台数は50万台を超えた。これは、10年前の倍以上の数だ。ところが今、その需要にある変化が訪れている。それは最近のニュースなどで目にする痛ましい事故とも関連している可能性もあるのだ。先ほどから熱心に試乗を繰り返す男性。年齢は68歳。坂道も楽々と乗りこなしていく。今、拡大しているのは高齢者の需要。各メーカーもシニア層を意識し、フレームを低くしてまたぎやすくしたものや前輪にモーターブレーキが付いて軽い力でブレーキが利くなど新たな商品も販売されている。その背景にあるのは…。去年、75歳以上で運転免許を自主返納した人は約16万2000人と過去最多を記録。昨今、大きく取り沙汰される高齢者のブレーキとアクセルを踏み間違えたことによる事故もその動きに拍車を掛けているかもしれない。免許返納の影響もあってか、街中でも電動アシスト自転車を利用するシニア世代の人たちは多い。しかし、近年は高齢者による電動アシスト自転車の事故が増えている。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集