“アマゾン”かたりSMS送信 架空請求トラブル急増(2017/11/15 09:34)

 大手通販のアマゾンをかたるショートメールを携帯電話に送り、金銭を支払わせようとする架空請求トラブルが急増しています。

 消費者庁によりますと、2015年6月以降、携帯電話にアマゾンをかたって「有料動画の未納料金が発生しております。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します」などと書かれたSMS(ショートメッセージサービス)が送信されてきたと相談する人が相次いでいます。メッセージに書かれた電話番号に連絡すると、「この連絡を切られると、返済が間に合わなくなる」などと、電話を切らせないように巧みに誘導しながら、コンビニでギフトカードを購入し、その番号を連絡するように指示されるということです。今年9月までに2万件近い相談が寄せられ、金銭を支払った件数は414件でした。被害総額は約1億1800万円で最高額は377万円に上るということです。消費者庁は、「SMSを使っての連絡やギフト券を購入しての支払いなどは典型的な詐欺の手口で、応じないように」と注意を呼び掛けています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集