JAL、超音速旅客機開発の米ベンチャー企業に出資(2017/12/05 18:50)

 日本航空は、超音速旅客機の開発を進めているアメリカのベンチャー企業に出資すると発表しました。

 出資するのは、アメリカ・コロラド州デンバーのベンチャー企業「ブームテクノロジー」です。ブームテクノロジーは、マッハ2.2の史上最速の超音速旅客機を開発していて、順調に進めば2020年代半ばにも導入される可能性があります。日本航空の出資額は11億円で、事業化にあたっての技術的なサポートなどを行う代わりに、将来、20機の優先発注権が得られるということです。実用化されれば、現在、7時間程度かかる東京からシンガポールまでの所要時間が約3時間に短縮されるということです。超音速旅客機はエアバスのコンコルドが2003年に退役して以来、途絶えていて、国の研究機関や航空機メーカーなどが実験や研究を行っています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集