ガソリン価格 12週連続値上がり 今年の最高値更新(2017/12/06 15:15)

 レギュラーガソリンの平均価格は12週連続で値上がりしました。

 資源エネルギー庁が発表した今月4日時点のレギュラーガソリン価格は、全国平均で1リットルあたり141円40銭で、前の週から30銭の値上がりとなりました。これで12週連続で今年の最高値を更新、この間の上昇幅は10円10銭に上ります。OPEC(石油輸出国機構)総会の影響はほとんどみられず、10月下旬以降、元売り価格から小売価格への転嫁が遅れた影響が今週も続いたということです。石油情報センターでは、来週は横ばいになるとみています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集