トヨタとマツダがアラバマ州に新工場 総額1800億円(2018/01/11 23:28)

 トランプ大統領は早速、「素晴らしいニュースだ」とつぶやきました。

 トヨタ自動車とマツダは、アメリカのアラバマ州に共同で新工場を建設すると発表しました。新工場では、トヨタのカローラとマツダのSUV(スポーツ用多目的車)を合わせて年間30万台生産する予定です。両社の投資額は約1800億円で、4000人規模を雇用する予定です。2021年の稼働を目指しています。トランプ大統領は早速、「素晴らしいニュースだ。おめでとうアラバマ」とツイッターに投稿して歓迎の意向を示しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集