財務次官がセクハラ報道否定 週刊誌提訴の準備も(2018/04/16 13:17)

 財務省は週刊誌による女性記者へのセクハラ報道について、福田事務次官が「週刊誌報道は事実と異なる」と述べたとする聴取結果を発表しました。

 財務省は矢野官房長が福田次官に聴取した内容を公表し、このなかで、福田次官はセクハラの根拠とされる音声データについて「女性記者の心当たりがなく、相手が不快に思うようなセクハラ発言をした覚えはない」と答えたということです。そのうえで、福田次官は名誉毀損にあたるとして、報道した「週刊新潮」を提訴するため、準備を進めているとしています。ただ、財務省は部下が上司を聴取したものであるため、客観性を担保するために外部の弁護士に調査を委託するとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集