2期ぶりにプラスの+1.9% 4-6月期の実質GDP成長率(2018/08/10 15:08)

 内閣府が10日に発表した4月から6月期の実質GDP(国内総生産)成長率はプラス1.9%で、2期ぶりにプラスに転じました。

 実質GDPプラス1.9%の主な要因は、好調な企業業績を背景に個人消費がプラス0.7%、設備投資がプラス1.3%となったことです。一方で、これまで経済成長を引っ張ってきた輸出が世界的にスマートフォンの売れ行きが悪くなり、半導体の需要が減ったことなどもあり、伸び悩んでいます。今後もアメリカと中国の貿易摩擦が日本企業にとってはマイナス要因となることに加え、アメリカで行われているFFR(新たな貿易協議)の結果も影響しそうです。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集