北朝鮮「戦勝60周年」パレードで“勝利”アピール(2013/07/27 11:46)

 朝鮮戦争の休戦から60年となる27日、北朝鮮では大規模な軍事パレードが行われました。

 (李志善記者報告)
 金日成広場では今、市民が大行進しています。軍事パレードも行われました。今も熱気に包まれています。金正恩第1書記が会場に姿を現すと、観衆からはものすごい拍手が上がりました。そして、パレードに先立って崔竜海(チェ・リョンヘ)総政治局長が、朝鮮戦争に勝利した精神で経済と武力をさらに発展させようと演説しました。しかし、強硬姿勢を見せていた時の「核」というキーワードは一度も出てきませんでした。北朝鮮消息筋によりますと、今回の軍事パレードには、朝鮮戦争当時に大きな戦果を上げた部隊から順番に登場し、軍服も当時のものを着用していたということです。当時の兵器から、新型の兵器まで続々と登場しました。そしてパレードの最中には、金第1書記と中国の李源潮副主席が笑顔で会話をするシーンも見られました。今回の一連のイベントには、海外のメディア40社が取材しています。金第1書記の指導者像、いわばそれに箔(はく)をつけるという狙いがあったとみられます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集