20年前の茨城殺人 タイ人区長を現地警察が逮捕(2016/01/15 19:30)

 20年前、茨城県でタイ人の男女2人が殺害された事件で、タイ北部で村長などを務めていた男が現地の警察に逮捕されました。

 タイ警察に逮捕されたブンヤリット・ジャンタプーン容疑者(56)は20年前、茨城県美浦村で、知り合いのタイ人の男女2人を殺害した疑いが持たれています。ブンヤリット容疑者は事件の後、タイ北部のチェンライ県の自宅に戻り、その後、地元の村長や8つの村を管轄する行政区長を歴任していました。事件当時はブンタという名前でしたが、帰国した年に改名したということです。
 ブンヤリット・ジャンタプーン容疑者:「(Q.殺害容疑を否認する?)はい」「(Q.(成功報酬の)150万円はもらっていない?)もらっていない。調べてくれ」
 日本とタイの間には「犯罪人引渡し条約」がないため、日本側は、タイの法律に基づく「代理処罰」を求めていました。今回の事件のタイでの時効は20年で、時効直前の逮捕となりました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集