中国国営メディア・日米首脳会談「朝貢」と評論(2017/02/12 13:06)

 安倍総理大臣とトランプ大統領の日米首脳会談について、中国の国営メディアは「親密ぶりを演じたが、今後、摩擦の可能性がある」と評論しました。

 中国の国営新華社通信は「安倍総理『朝貢の旅』の損得」という評論を発表しました。このなかで、トランプ大統領が核兵器を含むあらゆる軍事力で日本を保護する約束をしたことは、以前からの一貫した主張にすぎないとしました。一方、2国間の経済対話の提案など、日本が経済面で妥協し、譲歩したとしています。また、親密さを演出したが、問題の真の解決には至っておらず、今後も摩擦が出てくる可能性があるとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集