独ハンブルク空港で異臭騒ぎ 50人以上が病院へ(2017/02/13 00:58)

 ドイル北部ハンブルクの空港で異臭騒ぎがあり、50人以上が病院に搬送されて空港も一時、閉鎖されました。

 現地メディアによりますと、12日昼ごろ、ハンブルク空港のターミナルで異臭がし、複数の乗客らが目や喉の痛みを訴えました。少なくとも53人が病院に搬送され、一時はテロの可能性も指摘されました。しかし、消防隊が現場付近で唐辛子スプレーの缶を発見し、スプレーの成分がエアコンに流れたのが異臭の原因と明らかにしました。警察は「これはいたずらではなく犯罪だ」とスプレーが持ち込まれた経緯を調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集