グラミー賞にピアニスト・内田光子さん 受賞2度目(2017/02/13 11:53)

 アメリカ音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞の授賞式が開かれ、ピアニストの内田光子さんがクラシック部門の最優秀ソロボーカル・アルバム賞を受賞しました。

 グラミー賞の授賞式は12日、ロサンゼルスで開かれました。内田さんが受賞した作品は、ソプラノ歌手のドロテア・レシュマンさんと発表した歌曲アルバム「シューマン:リーダークライス女の愛と生涯/ベルク:初期の7つの歌」です。内田さんのグラミー賞受賞は2011年の最優秀器楽ソリスト演奏賞に続いて2度目になります。映画音楽部門にノミネートされていた坂本龍一さんは受賞を逃しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集