鋭い爪でドローン“鷲掴み” テロ対策の切り札(2017/02/16 12:41)

 ドローンを使ったテロを防ぐため、フランス空軍が新たな「兵器」を開発しました。その「新兵器」とは。

 上空を飛ぶ1機のドローン。テロで使われるのを防ぐため、今回、開発されたのがこちら。そう、ワシなんです。ワシはドローンに猛スピードで近付き、鋭い爪と力強い足で一気にドローンをつかみ、たたき落とします。まさに「わしづかみ」です。ドローンは逃げる間もなく、御用となりました。ワシが生き物ではないドローンを攻撃するために幼いころから訓練をします。餌(えさ)となる肉をドローンに入れ、ドローンが「獲物」であるということを覚えさせるためです。連続テロが起きたフランスでは、ドローンによるテロ対策の切り札としてワシの訓練を行っているということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集