金正男氏“暗殺” 逮捕の女は事件前に「大金所持」(2017/02/17 11:49)

 北朝鮮の金正恩委員長の兄・金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、逮捕された容疑者らのうちベトナムのパスポートを持った女について、事件前にホテルに宿泊した際に大金を所持していたことが分かりました。

 金氏殺害に関わったとして、これまでにベトナムのパスポートを持った女、インドネシアのパスポートを持った女ら3人が逮捕されています。このうちベトナムのパスポートを持った女について、事件を起こす前に宿泊したホテルの従業員がANNの単独取材に応じました。
 ホテルの従業員:「女は白い車で中国系の男に送られてきた。男は荷物を降ろすと立ち去りました。女は横柄な態度で、自分勝手な人のように見えた」
 従業員によりますと、女は予約がないまま、中国系マレーシア人とみられる男と一緒に白い普通乗用車でホテルを訪れ、女だけがホテルに宿泊しました。
 ホテルの別の従業員:「たくさんお金を持っていました。とにかくたくさんです」
 女は翌日、チェックアウトの時間を過ぎてもフロントに現れませんでした。部屋に複数回、連絡を入れたところ、フロントにやって来て、マレーシア紙幣の厚い札束を見せながら「もう1泊させてほしい」と話したということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集