参加国130超「一帯一路」サミット開幕へ 北朝鮮も(2017/05/13 11:48)

 中国の習近平国家主席が今年、最も重要な国際会議と位置付ける「一帯一路」サミットが14日から開幕します。

 習主席が提唱している一帯一路とは「陸と海のシルクロード」に沿った経済圏という意味で、中国からヨーロッパを結ぶ沿線の60カ国以上が含まれます。中国はこれらの国家のインフラや物流拠点の整備などを通じて経済成長を促し、互いに発展をもたらすと主張していて、過去2年間で5兆円以上を投資しています。一方で、政治・経済両面で世界的に中国の影響力を強めていく狙いもあります。会議には、ロシアのプーチン大統領や日本からは自民党の二階幹事長ら29カ国の首脳や130カ国以上の代表団が参加します。また、北朝鮮からも代表団が参加しますが、ロイター通信によりますと、アメリカの代表団は「今、北朝鮮を招待することは誤ったメッセージを送ることになる」と反発しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集