国際組織犯罪防止条約を締結 各国と情報共有可能に(2017/07/12 05:56)

 いわゆる“共謀罪”の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の施行を受けて、政府はテロ捜査の情報を各国と共有できる国際条約を締結しました。

 南博国連次席大使は11日、TOC(国際組織犯罪防止条約)の締結の受諾書を国連の法務局に提出しました。受諾書はグテーレス国連事務総長に寄託されます。TOC条約は組織犯罪の情報などを各国の捜査当局が外交ルートを介さずに直接、やり取りできる条約で、すでに187の国と地域が締結しています。
 南博国連次席大使:「(東京五輪等を控え)国際組織犯罪に向けた国際協力が進むことは非常に重要だと思う」
 条約は寄託から30日後の来月10日に発効します。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集