日米韓の首席代表が会談 北朝鮮への圧力強化で一致(2017/07/12 08:01)

 北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議参加国の日本とアメリカ、韓国の首席代表が会談し、改めて北朝鮮に対して圧力を強化していく考えで一致しました。

 11日、シンガポールで6カ国協議参加国の日米韓の首席代表が会談し、北朝鮮に対する具体的な制裁措置について話し合いました。3カ国は北朝鮮に対する圧力を強化する必要があり、中国とロシアにより建設的な役割を果たすよう促す考えです。
 金杉憲治アジア大洋州局長:「中国は北朝鮮の貿易の9割を占めている。経済的な力を使える局面は当然あるのではないかという話はあった」
 一方で、2008年12月を最後に開かれていない6カ国協議については、北朝鮮が挑発行為を繰り返す限り再開は難しいという見解を示しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集