シリア人権監視団「バグダディ容疑者の死亡は確実」(2017/07/13 05:55)

 過激派組織「イスラム国」の最高指導者・バグダディ容疑者について、NGO(非政府組織)の「シリア人権監視団」はANNの取材に「死亡したという確実な情報がある」と話しました。

 シリア人権監視団・ラフマン代表:「バグダディ容疑者は前からけがをしていた。シリアのデリゾールに潜伏し、そこで死んだ。『イスラム国』幹部から得た情報だ」
 バグダディ容疑者がいつ、どのように死亡したかは不明だとしています。また、モスル陥落前には「イスラム国」の幹部が新たな指導者を選ぶため、シリア東部のデリゾールに集まっていたということです。ただ、ロシアはシリア北部のラッカ近郊への空爆で死亡した可能性があると発表する一方、アメリカは「死亡を確認できない」とするなど、情報は錯綜(さくそう)しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集