劉暁波氏の遺骨を海に 「親族の希望」と強調(2017/07/16 00:01)

 服役中にノーベル平和賞を受賞し、13日に死去した劉暁波氏について、中国の地元当局は「劉氏の親族の希望で海に散骨した」と発表しました。

 瀋陽市当局が公開したビデオや写真には、15日の昼ごろ、劉氏の妻・劉霞さんや親族が劉氏の遺骨や花を海にまく様子が映っていました。
 妻・劉霞氏:「暁波の葬儀、遺体の火葬、海への散骨、全体的に簡素で抑えめにしてほしい。花は必ず白いものでお願いします」
 また、当局は妻の劉霞さんが「海への散骨を希望する」と記したとするメモを公開しました。一方、15日午後の会見には、劉霞さんは姿を見せませんでした。劉氏の兄・暁光氏は「人道的な扱いを受け、中国共産党と政府に感謝する」と繰り返し述べ、メディアからの質問には応じませんでした。当局者は会見で「海への散骨は親族の希望だ」と強調しました。一部の香港メディアの「当局による要求」という報道を打ち消した形です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集