中国GDPが4−6月期6.9%の伸び ネット通販など堅調(2017/07/17 17:06)

 中国の今年4月から6月までのGDP(国内総生産)は、前の年の同じ時期に比べて6.9%の伸びとなり、中国政府が今年の目標としている6.5%前後を上回りました。

 国家統計局・刑志宏報道官:「上半期の経済状況は安定していて好転する傾向も強まり、今年度の目標達成に向け、しっかりした基礎を固めた」
 6.9%の伸び率は、今年の1月から3月までと同じで横ばいとなりました。国家統計局によりますと、高速鉄道などのインフラ投資が引き続き盛んで景気を支え、輸出や輸入も前の年から大幅に持ち直したということです。また、ネット通販を含めた個人消費の伸びも堅調です。一方、不動産バブルを警戒する当局が住宅の購入制限を強化したこともあり、不動産投資の伸び率が減速しています。中国は秋に5年に1度の党大会を控えていて、景気を下支えしながらバブルの発生を抑える安定重視の経済政策を進めていく方針です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集