北朝鮮がグアム攻撃予告“Xデーは8月中旬か?”(2017/08/10 21:01)

 北朝鮮とアメリカの衝突危機。いよいよ現実になってしまうかもしれません。北朝鮮が中距離弾道ミサイル4発を3000キロ以上離れたグアム周辺海域に撃ち込むという計画を明かしました。異例ともいえる具体的な攻撃宣言。北朝鮮は8月中旬、つまり、来週にも実行すると凄んでいます。

 9日、朝鮮中央通信が伝えたアメリカ軍基地があるグアム島周辺に弾道ミサイルを発射する作戦。10日になり、その詳しい計画内容を明らかにしました。4発同時発射された中距離弾道ミサイル「火星12」は、島根県、広島県、高知県の上空を通過するといいます。地理的には愛媛県上空も通過せざるを得ないとみられます。この計画を今月中旬までに完成させ、金正恩委員長に報告し、発射待機態勢で命令を待つとしています。休み中のトランプ大統領は8日、北朝鮮を強い口調で牽制(けんせい)していました。さらに、9日に投稿されたツイッターでは、兵器の使用の可能性をちらつかせ、北朝鮮を牽制しています。また、マティス国防長官は9日に声明を出し、「北朝鮮は体制の終わりや国民の破滅につながる行動の検討をやめるべきだ」と強いトーンで警告。さらに「アメリカと同盟国には、世界で最も正確で強固な防衛と攻撃の能力がある」と北朝鮮を牽制しています。夏休みシーズンの成田空港の出発客たちにも不安が広がっています。島根から高知の上空を通過することになるというミサイル計画。地名まで挙げていたことを受け、10日、衆議院の安全保障委員会でもこの問題が取り上げられました。また、小野寺防衛大臣は「一義的には海上自衛隊のイージス艦で防御する」と述べました。そのうえで、イージス艦が撃ち漏らした場合に対応する地上配備型の迎撃ミサイルPAC3については、引き続き全国配備に向けた予算措置を進める意向を示しました。エスカレートする北朝鮮による挑発行為。計画完成の時期やミサイルのルートなど詳細な情報を明らかにした狙いとは一体何なのでしょうか。そして、アメリカによる先制攻撃の可能性はあるのでしょうか。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集