「脅威には軍事的対応」トランプ政権が北朝鮮に警告(2017/09/04 11:48)

 北朝鮮は3日、過去最大規模となる6回目の核実験を強行しました。核実験を受け、アメリカのトランプ大統領は緊急会議を開きました。会議に出席したマティス国防長官は「脅威には軍事的対応をする」と述べて北朝鮮に警告しました。ワシントンから報告です。

 (高羽佑輔記者報告)
 トランプ大統領はマティス長官ら安全保障の担当者とホワイトハウスで協議をした際、軍事的な選択肢について一つひとつ説明を求めたということです。トランプ大統領は、ツイッターで「北朝鮮との対話はうまくいかない」として軍事的な行動を排除しない考えを示しました。さらに、「北朝鮮と取引するいかなる国とも貿易を停止することを検討する」と中国やロシアを念頭に圧力を掛けるような投稿をしました。
 マティス米国防長官:「グアムを含むアメリカ領土及び同盟国に対するいかなる脅威も、強大で対抗の余地もない軍事行動に直面する」
 マティス長官は、日頃はトランプ大統領の過激な発言を抑制するような立場ですが、非常に強い口調で牽制(けんせい)しました。一部の安全保障の専門家からは「北朝鮮が核・ミサイルを開発してしまったら手遅れだ」と先制攻撃を主張する声も聞かれます。しかし、北朝鮮からの反撃を考えると慎重にならざるを得ず、そのような手詰まりな状態を北朝鮮に見透かされているともいえます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集