大型ハリケーン「イルマ」 600万人以上に避難命令(2017/09/10 06:22)

 カリブ海の島々に大きな被害をもたらした大型ハリケーン「イルマ」は、10日にもアメリカ南部に上陸する恐れがあり、600万人以上に避難命令が出されています。

 ハリケーン「イルマ」は9日、「カテゴリー5」の最強の勢力でキューバに上陸しました。これまでカリブ海の島々で大きな被害をもたらし、CNNによりますと、24人が死亡したということです。10日の早朝にはフロリダ州の南端に上陸する見通しで、一つの州としてはアメリカ史上最大規模の630万人に避難命令が出されています。イルマの勢力は「カテゴリー3」に低下したものの、今度も大量の雨をもたらすとみられ、最大級の警戒態勢が敷かれています。また、当初の予報より西側に進路を変えていて、ジョージア州では54万人に避難命令が出されているほか、アラバマ州などでは非常事態宣言が出されています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集