米同時多発テロから16年 今も犠牲者の身元特定続く(2017/09/11 05:55)

 2001年に起こったアメリカ同時多発テロから11日で16年になります。遺骨の身元確認作業は今も続けられていて、先月も新たに犠牲者が特定されました。

 同時多発テロではニューヨークの世界貿易センタービルに2機の旅客機が突っ込むなど、約3000人が犠牲になりました。
 ニューヨーク検視局、マーク・デザイア氏:「今年に入って145の遺骨の身元を特定しました。我々の熱意は今も2001年と変わっていません」
 市の検視局によりますと、今年から導入された新たな技術によって遺骨からより多くのDNA情報を得られるようになり、先月、2年ぶりに1人の男性の身元が特定されました。ニューヨークでの犠牲者約2800人のうち1000人以上の身元がいまだ確認されていませんが、当局は新たな技術を活用し、今後も鑑定作業を続けるとしています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集