トランプ氏が追加制裁に初言及 “骨抜き”認める(2017/09/13 05:51)

 アメリカのトランプ大統領は追加制裁の決議について初めて言及し、原案から骨抜きになったと認めました。

 トランプ大統領:「新制裁は小さな一歩であり、大したものではない。全会一致の採択は良いことだが、将来、行われる制裁に比べれば何でもない」
 制裁決議を巡ってアメリカは、中国やロシアの賛同を得るために原案に盛り込まれていた原油の全面禁輸を変更し、過去1年分の量を上限としたほか、金正恩委員長の資産凍結も項目から外しました。アメリカメディアは内容が骨抜きになったと指摘していましたが、いつもは成果を誇るトランプ大統領も珍しく譲歩したと認めました。一方で、今後の北朝鮮の動き次第では、さらに強力な制裁を目指す可能性もにじませました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集