北朝鮮が米西海岸に到達のミサイル ロシア議員証言(2017/10/07 17:38)

 北朝鮮がアメリカ西海岸に到達するミサイルの発射を計画していると、平壌から帰国したばかりのロシアの下院議員が明らかにしました。

 国営ロシア通信などによりますと、北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長らとの会談を終えて帰国したモロゾフ下院議員は6日、「新たな長距離ミサイルの発射が準備されている」と述べました。そのうえで、北朝鮮側からアメリカの西海岸に届く根拠とする計算式も説明されたと明らかにしました。北朝鮮側はミサイルの弾頭を大気圏に再突入させ、制御する技術もあると主張したということです。モロゾフ氏は「北朝鮮はかなり好戦的になっている」として、近くミサイル発射があり得るという認識を示しています。北朝鮮は10日に朝鮮労働党の創建記念日を迎えることから、新たな挑発が懸念されています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2017

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集