先に燃料タンク爆破を計画か ラスベガス銃乱射(2017/10/07 17:47)

 アメリカ・ラスベガスの銃乱射事件で、容疑者の男はコンサート会場を銃撃する前に空港内の燃料タンクを爆破させようとしていた可能性が高いことが分かりました。

 地元メディアは捜査担当者の話として、スティーブン・パドック容疑者が最初、ホテルの32階の部屋から600メートルほど離れたマッカラン空港の燃料タンクを銃撃した可能性が高いと報じています。2発の銃弾がタンクに当たりましたが、爆発や火災などは起きませんでした。その後、パドック容疑者はタンクの手前にあるコンサート会場に向けて銃を乱射したということです。ホテルの駐車場に止まっていた容疑者の車からは、銃弾約1600発と爆発物20キロ以上が発見されています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集