米爆撃機が朝鮮半島に展開 記念日の“北”を牽制(2017/10/11 11:47)

 北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日だった10日夜、アメリカ軍の戦略爆撃機が朝鮮半島に展開し、新たな挑発の兆候を見せる北朝鮮を強く牽制(けんせい)しました。

 韓国軍によりますと、アメリカ軍のB1B戦略爆撃機2機が夜、グアムのアンダーセン空軍基地から飛び立ち、朝鮮半島に向かいました。韓国空軍機と合流し、空対地ミサイル射撃訓練を実施したということです。北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射といった新たな挑発の兆候を見せるなか、B1Bは先月23日にも北朝鮮の東方沖を飛行するなど、牽制を強めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集