イエメン反体制派 UAEの原発に向けミサイル発射か(2017/12/03 23:17)

 内戦が続くイエメンの反体制派組織「フーシ派」は、UAE(アラブ首長国連邦)で建設中の原子力発電所に向けてミサイルを発射したと発表しました。UAE当局はこれを否定し、被害も確認されていません。

 内戦が続くイエメンで、イランの支援を受けるイスラム教「シーア派」で反体制派武装組織のフーシ派が3日、UAEのドバイで建設中のバラカ原発に向けてミサイルを発射したと発表しました。バラカ原発は4つの原子炉を備え、一部が来年に稼働予定となっています。一方、UAEの危機管理当局は「フーシ派がUAEに向け、ミサイルを発射したとの主張は誤りだ」という声明を発表し、これを否定しました。今のところ被害は確認されていません。イエメンでは反体制派のフーシ派を支援するイランと、政府を支援するサウジアラビア主導のスンニ派諸国とによる代理戦争が続いています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集