米韓空軍“最大規模”演習 B1B戦略爆撃機も訓練(2017/12/07 00:05)

 アメリカと韓国の空軍が行っている過去最大規模の合同演習で、アメリカ軍のB1B戦略爆撃機が6日、爆撃訓練を実施しました。

 アメリカ軍と韓国軍は、4日から8日まで最新鋭のステルス戦闘機など約230機を投入し、過去最大規模の合同演習を行っています。韓国軍によりますと、アメリカ軍のB1B戦略爆撃機は6日、東部の江原(カンウォン)道で韓国軍のF15戦闘機などと爆撃訓練を実施したということです。B1Bは、大量の通常兵器を搭載でき攻撃能力が高いため、朝鮮半島に展開する際、北朝鮮は強く反発します。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集