「沈黙を破った人たち」を選出 TIME誌「今年の顔」(2017/12/07 19:11)

 アメリカのタイム誌は、恒例の「今年の人」にセクハラ被害の告発に関わった「沈黙を破った人たち」を選出しました。

 アメリカでは今年、ハリウッドの大物プロデューサーによる疑惑をきっかけに、セクハラを告発する動きが政界や音楽界などにも広がり、社会現象となりました。「タイム」は、ツイッター上での「#MeToo(私も)」という言葉が、「被害者の団結の傘になった」としてセクハラ被害の告発に関わった不特定多数の人々を「沈黙を破った人たち」として選びました。「たった1人による告発であれば無視されたかもしれないが、団結したからこそ今年を代表するムーブメントになった」と評しています。2位以下には、去年「今年の人」に選ばれたアメリカのトランプ大統領や、北朝鮮の金正恩委員長などが名を連ねましたが、トランプ大統領は事前にツイッターで、選出を「辞退した」と明らかにしていました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集