正恩氏の指示でチャンネル再開 韓国の連絡に応じる(2018/01/03 23:07)

 韓国と北朝鮮は約2年間、断絶していた南北の連絡チャンネルを3日に再開させました。韓国政府はすでに、北朝鮮と通話をしたとしています。

 北朝鮮、祖国平和統一委員会・李善権(リ・ソングォン)委員長:「平昌(ピョンチャン)五輪への代表団の派遣問題を含め、関連した問題で韓国と適時に連携するため、午後3時から板門店(パンムンジョム)の連絡チャンネルを開通させるよう(金委員長が)指示した」
 朝鮮中央テレビによりますと、金正恩委員長は北朝鮮の平昌オリンピック参加を歓迎するとした韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を高く評価しました。そのうえで、連絡チャンネルの再開を指示したということです。韓国統一省によりますと、板門店の連絡チャンネルを通じた最初の通話は午後3時半すぎに行われました。韓国からの呼び掛けに北朝鮮が対応したということです。連絡チャンネルの再開は2016年2月以来で、韓国が提案している9日の南北高官級会談に向けた実質的な協議などが4日以降に行われるとみられます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集