トランプ大統領の聴取検討か ロシア疑惑巡る捜査(2018/01/09 10:32)

 2016年のアメリカ大統領選挙を巡る、いわゆる「ロシア疑惑」で、特別検察官がトランプ大統領の聴取を検討しているとアメリカのメディアが伝えました。

 ワシントン・ポスト紙は「ミュラー特別検察官が先月、トランプ大統領への聴取を検討しているとトランプ大統領の弁護士に伝えた」と報じました。聴取は数週間のうちに質問を限定して行われる可能性があるとも伝えています。トランプ大統領はこれまで、自身の陣営とロシアとの間に「共謀はなかった」と主張していて、聴取に前向きな姿勢を見せている一方、弁護士らは聴取を回避する方法を議論しているということです。別のメディアは元当局者の見方として、ミュラー氏は一連の捜査を終わらせるためトランプ大統領に直接、質問する必要があると伝えていて、捜査が詰めの段階を迎えていることを示唆しています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集