ロサンゼルス近郊の土砂崩れ被害拡大 死者17人に(2018/01/11 10:31)

 アメリカ・ロサンゼルス近郊で起きた土砂崩れでは死者が17人、行方不明者も17人になっています。

 ロサンゼルス近郊のサンタバーバラ郡などでは、9日の大雨によって土砂崩れが発生し、地元メディアによりますと、これまでに17人の死亡が確認され、160人以上がけがをしています。10日の現地は天候が回復し、消防隊など約500人が復旧作業にあたっていますが、17人が行方不明で、約300人が孤立状態にあるということです。この地域は去年、大規模な山火事によって山林が焼失していて、土砂災害が発生しやすくなっていました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集