トランプ大統領「金正恩委員長とは非常に良い関係」(2018/01/12 10:31)

 アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮の金正恩委員長について「恐らく非常に良い関係にある」と話すなど緊張緩和に向け、前向きな姿勢を示しました。

 「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙のインタビューに応じたトランプ氏は、金委員長と「恐らく非常に良い関係にある」と話し、「私は色々な人とつながりがある」とアピールしました。金委員長と話したのかと問われると、接触があったことを否定せず「言いたくない」と回答を避けました。平昌(ピョンチャン)オリンピック期間を避けてアメリカと韓国の合同軍事演習を延期したことについても、「北朝鮮への良いメッセージだ」と前向きに評価しています。また、北朝鮮が韓国との会談に応じた狙いはアメリカと韓国の関係にくさびを打ち、分断させることだという見方があります。これについて、トランプ氏は「私が北朝鮮でもやってみるだろう」としたうえで、「人間関係にくさびを打つことについては自分が誰よりも知っている」と駆け引きに自信を見せ、トランプ氏流の言い回しで北朝鮮を牽制(けんせい)しました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集