シリア軍が撃墜 シリア領内空爆のイスラエル軍機(2018/02/11 06:21)

 イスラエル軍の戦闘機が10日、イスラエル北部でシリア軍の対空ミサイルに撃墜されました。

 撃墜されたのはイスラエル軍のF16戦闘機1機で、搭乗していたパイロット2人は脱出し、その後、病院に運ばれました。イスラエル軍は同じ日に、「イランの無人機が領空に侵入した」としてシリアにあるイランの関連施設を空爆していました。シリア国内では、イランやその支援を受けるイスラム教シーア派の武装組織「ヒズボラ」が活動しています。戦闘機の撃墜について、イスラエルのネタニヤフ首相は会見で「主権と安全を守るために必要なことは何でもする」と述べました。一方、シリアやイランは「次に攻撃を行った場合、厳しい報復を行う」と警告していて、さらに緊張が高まる恐れもあります。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集