トランプ大統領 TPP復帰の可能性に改めて言及(2018/02/24 15:54)

 アメリカのトランプ大統領は、TPP(環太平洋経済連携協定)の参加国であるオーストラリアのターンブル首相と共同会見し、TPPに復帰する可能性があると改めて言及しました。

 トランプ大統領:「TPPは米国にとって非常に悪い貿易協定だ。多くの雇用を犠牲にする。しかし、もし各国が米国により良い内容を提供するなら、米国が復帰する可能性はある」
 トランプ大統領は二国間貿易協定の方が好ましいとしたうえで、TPPの内容がアメリカにとって有利なものに変更されるなら復帰する可能性があると述べました。トランプ政権は、中国が知的所有権などのルールを守らないまま貿易を拡大していると批判していて、TPPによって中国の貿易拡大に対抗したい狙いがあるとみられます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集