空爆現場の様子を公開 米シリア双方が見解を主張(2018/04/15 11:47)

 アメリカ国防総省は、シリア攻撃で標的にした3つの化学兵器関連施設の攻撃前後の写真を公開しました。105発のミサイルすべてが命中し、施設を確実に破壊したとして、シリアの化学兵器の製造を遅らせることができると強調しています。これに対して、シリア国営テレビは攻撃を受けたとする現場の様子を放送しました。攻撃を受けた施設は化学兵器を開発しておらず、抗がん剤などを開発する平和的な施設だと主張しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集