安保理で米ロ激しい応酬 ロシアの非難決議案は否決(2018/04/15 11:48)

 シリア攻撃を受けて、ロシアの要請で国連安全保障理事会の緊急会合が開かれ、アメリカとロシアが激しく応酬しました。

 アメリカ・ヘイリー国連大使:「きのうの攻撃は、アメリカがアサド政権に二度と化学兵器を使わせないという明確なメッセージだ」
 14日に開かれた緊急会合でアメリカのヘイリー国連大使は、軍事行動の正当性を改めて主張しました。これに対してアサド政権の後ろ盾のロシアは、「国際法と国連憲章に違反するシリア攻撃を強く非難する」という文言を盛り込んだ決議案を提出しました。この決議案は、アメリカなどが反対して否決されました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集