日米首脳“拉致”提起確認 「朝鮮戦争終結」示唆も(2018/06/08 10:30)

 安倍総理大臣はワシントンでアメリカのトランプ大統領と会談し、拉致問題を米朝首脳会談で議題の一つとすることを確認し、日本が北朝鮮と直接、会談することにも意欲を見せました。

 安倍総理大臣:「拉致問題を早期に解決するため、私は北朝鮮と直接、向き合い、話し合いたい。あらゆる手段を尽くしていく決意です」
 トランプ大統領:「安倍総理の意向に沿って米朝会談で拉致問題を議論する」
 北朝鮮に対する「最大限の圧力」という言葉について、トランプ大統領は「使うと交渉がうまくいかなくなる」と指摘し、安倍総理も会見のなかでは使いませんでした。また、トランプ大統領は米朝首脳会談で朝鮮戦争の終結に合意する可能性を示唆したほか、会談が成功すれば金正恩委員長をホワイトハウスに招く考えも示しました。一方、日米間の貿易問題については、安倍総理が日本企業によるアメリカへの投資で雇用に貢献していると説明しましたが、トランプ大統領は引き続き日本との貿易赤字の解消を目指し、二国間の協定を求める考えです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集