正恩氏「平壌代表する飲食店」 外国人受け入れ指示(2018/06/09 11:00)

 北朝鮮の金正恩委員長が平壌に新しく建設された水産物レストランを視察し、外国人客の受け入れなどを指示しました。

 9日付の労働新聞は、金委員長が李雪主(リ・ソルジュ)夫人とともに視察を行う様子を写真付きで報じました。レストランは、平壌を流れる大同江(デドンガン)のほとりに建てられたもので、床一面に広がる巨大ないけすや豪華な客室の様子が確認できます。金委員長は「平壌を代表する飲食店」だと絶賛し、世界各国の料理を提供することや外国人客を受け入れることなどを指示したということです。間近に迫った米朝首脳会談を前に、核・ミサイルから経済発展へのシフトが順調に進んでいることを改めてアピールしたものとみられます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集