史上初の米朝会談が目前に 両首脳シンガポール到着(2018/06/11 05:50)

 史上初の米朝首脳会談が目前に迫りました。アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長が10日、それぞれシンガポールに入りました。

 午後、中国の航空機で到着した金委員長はシンガポールの大統領官邸でリー・シェンロン首相と会談しました。会談では、金委員長が今回のホスト役を果たしたシンガポールに感謝の意を示しました。一方、トランプ大統領は夜、大統領専用機でシンガポールの空軍基地に到着し、首脳会談の感触について「ベリーグッド」と答えて自信をのぞかせました。首脳会談が行われるのは12日で、11日はトランプ大統領がシンガポールの首相と会談する以外、両首脳の大きな日程は明らかになっていません。ただ、北朝鮮の先遣隊はシンガポールの複数箇所を事前に視察したことも分かっていて、金委員長が最優先に掲げる経済発展に関する施設を訪れる可能性もあります。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集