いよいよ明朝に歴史的会談 金委員長が一日姿見せず(2018/06/11 19:12)

 12日に開かれる史上初のアメリカと北朝鮮の首脳会談を前に、会談が行われるシンガポールでは11日も事前協議が行われています。現地からの最新情報です。

 (佐藤久人ディレクター報告)
 シンガポールの観光名所のマーライオン前です。10日から11日は米朝首脳会談の影響があり、市内は非常に警備が厳しい場所もあります。マーライオンに非常に多くの人がひっきりなしに訪れてきて、影響は限定的なのかなといった印象です。会談を12日に控えてアメリカ、北朝鮮それぞれの関係者の動きですが、トランプ大統領はシンガポールの首相と会談、あるいはポンペオ国務長官ら実務者は詰めの協議を続けているところです。また、北朝鮮の関係者がちょうど対岸にある高級ホテルに訪れて何か視察をしたのではないかというような情報もあります。20人ほどがバスに乗ってホテルから出てきたというような情報もあります。ただ、肝心の金正恩委員長は、11日は全く動性が伝わってこず、どこで何をしていたのか、あるいはホテルからそもそも出たのかと、そういった情報でさえも謎に包まれているというような状況です。米朝首脳会談は日本時間12日午前10時に行われ、今回の会談が1回で終わるのか、あるいは2回、3回と続くのかは分かりませんが、何らかの合意が出て進展を持つものであれば、継続性を持つようになるものではないかと思います。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集